犬に与えてOK?NG? 食べ物その2

こんにちは。

 

 

前回の続きで、犬に与えてOK? NG? 食べ物その2です。

その1はこちら→犬に与えてOK?NG?食べ物図鑑

 

 

スポンサーリンク

 

〇→少量なら与えても大丈夫

△→与えすぎると下痢や体調不良の原因に。与えすぎ注意。

×→与えてはダメ。与えると命にかかわることも。

*量は、5kgの健康な成犬を想定したものです。

 

さくらんぼ→△

与えていい量・・・15g

葉・茎・種は犬にとって有害なため、与えては×。皮はあげて大丈夫ですが水洗いすること。

 

スイカ→〇

与えていい量→30g

効果・・・夏バテ解消

90%が水分のため、低カロリーで他の果物に比べて多めに与えても大丈夫。

カリウムが豊富で、利尿作用もあり、夏バテ解消に。◎

 

梨→〇

与えていい量→20g

効果・・・水分補給

90%が水分で甘みもあるため、空気が乾燥する秋や冬に最適。

熱を冷ます作用があり、食べ過ぎは体を冷やしてしまう。

そのため軟便になることもあるため少しづつあげること。

 

 

パイナップル→△

与えていい量・・・15g

脂質をエネルギーに分解するビタミンB2、疲労を解消するクエン酸を含む。

しかし食物繊維が多いため与えすぎは下痢や軟便になるため注意。

缶詰やドライフルーツは砂糖を含むため与えないほうがいい。

 

 

栗→〇

与えていい量・・・1個

効果・・・エネルギー補給

でんぷんやビタミンを含み秋のエネルギー補給に最適。

加熱して、渋皮を取り除いてあげる。

 

 

ブルーベリー→△

与えていい量・・・10g 生で4粒程度

効果・・・抗酸化作用

抗酸化作用のある、ビタミンC・E・βカロテンを全て含む。

人の目にいいと言われるアントシアニンは犬には効果なし。

食物繊維が多いため与えすぎは軟便に繋がるので注意。

 

 

フルーツはだいたい与えてもいいのかな?と思っていましたが、

 

 

やはり△や×なものも多くあるため、しっかりと調べないといけないなと思いました。

 

 

栗は与えてはいけないと思っていましたが、エネルギー補給に最適ということで驚きです。

 

 

秋になったらネフにあげてみよう。

 

 

また続編も書きます~。

 

 

 

そうそう、ネフにバナナをあげてみたら、なんと食べてくれました。◎

 

 

これで食べられる野菜と果物は、トマトとバナナに増えました。

 

 

夏になったら、スイカをあげてみようと思います♪

 

毎日暑くて、ネフは朝ごはんを食べません。夜は食べますが。

 

暑くて、クーラーの部屋から出ようとしません。

 

大好きなお散歩も気温が下がった夜の7時前くらいにやっと行けます。

 

猛暑にならないといいなぁ・・・

 

 

 

 

 

今月下旬には、ペットも泊まれるコテージに泊まり、家族でバーベキューする予定です。

 

次の日は2000m越えの福島のお山にネフも連れて登ります。

 

年に一度のネフとの夏の旅行、

 

とっても楽しみです。

 

 

 

 

前回の記事に、柴崎選手に注目していると書きましたが結婚されるみたいですね。

おめでとうございます。

個人的な意見ですが、アスリートには優秀な遺伝子を残してほしいため

アスリート同士結婚してほしいのです。(マツコ・デラックスも言っていましたが)

抜きん出た遺伝子を持つアスリート同士の子供って最強だと思います。

すごい身体能力を持った子が産まれる気がします。

人間の性格とか生まれ持った才能とかって7割?6割?が遺伝子レベルで決まってるって言いますし。(うろ覚え)

 

素晴らしい選手達が

ひょろひょろのモデルさんやアナウンサーと結婚すると、

なんだかもったいないなーなんて思ってしまいます。

2人が幸せならそれでいいんですけどね。

他人が口出しすることではないですが、個人的な意見でした。

 

それでは。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です